アロマセラピーコース

アロマセラピーは植物から抽出される芳香成分の精油を使い、心身の健康に役立てるセラピーです。毎日の生活に効果的に取り入れる方法を学びます。初心者から資格取得を目指す方まで様々なコースをご用意しています。

1)米国NAHA協会資格認定コース レベル1
アロマセラピスト、米国NAHA協会の資格を取得する際に必要となる基礎を深く知るコースです。アロマテラピー初心者から上級者まで無理なく本格的な内容を学べ、実践的にアロマテラピーを行えるようになります。レッスンでは毎回、アロマクラフトを作り実践をすることによりスキルが身につきます。

コース概要:
レッスン回数 10回
1レッスン約2時間 開催日:週1~2回
受講資格:18歳以上
取得資格:米国NAHA協会認定資格アロマレベル1コース修了

カリキュラム概要:
・アロマセラピーを行う際の基礎知識及び決まりについて
・アロマセラピー禁忌・20種類の精油論
・芳香蒸留水について
・アロマセラピーの歴史
・精油の製造と品質
・アロマセラピーが及ぼす身体、心へ対する作用について
・基礎解剖生理学①体への吸収②嗅覚③リンパ系の役割④免疫の働き⑤皮膚の構造
・精油の化学・原子の構造から精油構成化学成分について
・精油の芳香成分分類
・ブレンドテクニック
・キャリアオイル各種
・アロマクラフト各種 10種類
・ケーススタディ 5ケース
・米国NAHA協会倫理
・解剖生理学 72時間セルフスタディー
・精油の構成主成分各種
・①モノテルペン炭化水素類②モノテルペンアルコール類③セキステルペン炭化水素類
・④セキステルペンアルコール類⑤ジテルペンアルコール類

コース終了試験
・5つのケーススタディー

こんな方におすすめです
・アロマセラピーの基礎を学びたい
・自分や家族に使いたい
・心身の不調にアロマセラピーを取り入れたい(アトピー、肌が弱い、関節痛の緩和など)

 

 

2)米国 NAHA協会認定コースアロマレベル2
プロフェッショナル アロマセラピスト養成コースです。
各症状別に精油をブレンドし、本格的な精油の使い方を身につけます。アロマセラピー理論に加えアロマセラピーの実習を通じてクリニカル用途に精油を症状別にブレンドしホリステックな療法を身に付けます。試験合格及び全課題終了後、認定書を発行します。

コース概要:
レッスン回数:10回 /1レッスン約2時間
開催日: 週1回~2回
ホームスタディー自己学習が含まれます。
解剖生理学のホームスタディーが含まれます。
*米国マッサージセラピストライセンス保持者、看護師その他の解剖生理学を学習した事を証明出来る免許を持つ方は免除となります。

対象レベル:当校発行の米国NAHA協会認定アロマレベル1サティフィケートを受理している方
受講資格:18歳以上
取得資格:米国NAHA協会認定プロフェッショナルアロマセラピストサティフィケート、72時間解剖生理学コース終了サティフィケート

カリキュラム概要:
・薬品と精油の混合する際の使用方法
・妊婦さんへアロマセラピー
・高齢者へのアロマセラピー
・乳児や幼児、子供へのアロマセラピー
・精油のブレンディング各種
・①植物の各部位と人間の心感情面のつながり別に精油をブレンドする方法
・②香りの分類
・③相乗効果を高めるブレンド方法
・④クエンチング効果を高めるブレンド方法
・アロマセラピストのための植物学
・プロフェッショナルアロマセラピストとして活躍するにあたっての知識や心得
・アロマトリートメント実践:リラクゼーション
・レベル2で学習する20種類の精油論
・キャリアオイル アドバンスレッスン
・アロマクラフト各種 全10種類
・精油の構成主成分各種
・①オキサイド類②エステル類③アルデヒド類④フェノール類⑤ケトン類
・ケーススタディー及びアロマカウンセリング模擬練習
・ファイナル総合テスト
・①アロマセラピー総合②解剖生理学

コース終了試験
・20のケーススタディー
・8ページ以上のリサーチペーパー

こんな方におすすめです
・アロマセラピーで開業したい
・クリニカルアロマを学んでアロマカウンセリングを行い役に立ちたい
・米国NAHA協会認定資格を取得したい

 

3)アロマカウンセリング
アロマセラピーをご自身の生活や健康に取り入れたい方にお勧めです。お話を伺いアロマクラフトを一つ作りお持ち帰りいただきます。マッサージに使うブレンドオイル、アロマスプレーなどに使用する精油はオーガニックです。