バッチフラワーレメディ

 

バッチフラワーレメディとは、1930年代に英国の医師エドワード・バッチ博士によって開発された安全でシンプルな自然療法です。世界60か国以上で愛用されるバッチフラワーレメディは、心や感情のバランスを取り戻し、ストレスを軽減します。38種類のレメディは、それぞれ、いろいろなマイナスの感情に対応します。副作用や習慣性もなく、赤ちゃんからお年寄り、また、動物や植物にも使うことが出来ます。数あるフラワーエッセンスの中から心音cocoron flora では、バッチ博士によって作られた伝統のあるシンプルで癒しのシステムバッチフラワーレメディを提供しております。

 

■バッチ国際教育プログラム
レベル 1 PTTコース プラクティショナー・ティーチャー・トレーニングコース


終日2日間で終了するレベル1の内容を、2時間×6回(6週間~12週間)に分けて受講し修了することができるコースです。

2018年から北海道でもレベル1を2時間×6回で学ぶPTTコース(プラクティショナー・ティーチャー・トレーニング)がスタートしました。北海道で開催するバッチ国際プログラムレベル1・PTTコースは、英国バッチセンターの許可を受け、日本で「バッチ国際教育プログラム(BIEP)」を実施している唯一の機関であるバッチホリスティック研究会のBIEPコーディネーター統括のもと、研修を受け認定されたバッチ財団登録プラクティショナーの小原 ようこが講師を務めます。

*レベル1・PTTコース はこんな方に
レベル1・PTT コースでは、バッチフラワーレメディについての全体像を把握し、自分にレメディを使うことが、できるように基本を学びます。バッチフラワーについて全く初めての方も受講できます。
・1回の授業が2時間×6回なので、1度に長い時間をまとめて時間を確保することが難しい方におすすめです。週に1回、または隔週に1回 レメディをゆっくり、じっくり体験しながら学ぶことができます。

・様々な感情を癒し、自分らしく生きていくためにシンプルで、ナチュラルな方法に関心がある方に。
・レメディを取り入れて、自分や家族、周りの人にも使えるようにレメディについての基礎を学びたい方に。

・6回のレッスン全て受講されるとレベル1の修了証が発行されます。レベル1の終了後2か月経過すると東京をははじめ日本各地で開催されているレベル2に進むことができます。さらに深く深く学んでプラクティショナーを目指します。

*バッチ国際教育プログラム レベル1の内容
・バッチフラワーレメディの概要と使用法
・自分自身、植物、動物に実際にどのように使えるか
・バッチ博士の癒しの哲学
・バッチフラワーレメディの効果
・レメディについてのワーク 練習問題、ディスカッション
・トリートメントボトルの作成実習など

*レベル1終了後レベル2を受講し修了するとバッチホリスティック研究会公認バッチアンバサダーへの道が開かれています。ご自宅や貸しスペースなどを利用してバッチフラワーがどんなものかを紹介し伝えていく紹介セミナーを開催することが出来ます。詳細は(社)バッチホリスティック研究会へ。

 

 

■コンサルテーション
ストレスを軽減し、様々なマイナスの感情が安定するようにコンサルテーション(対話)を行い38種類のレメディの中から、必要なレメディを見つけることが出来るようにお手伝いをいたします。38種類の花々が様々な不調和、バランスを崩した状態を取り戻してくれることでしょう。

 

 

■バッチフラワー1日入門講座
バッチフラワーレメディは、聞いたことがあるけれど、どうやって使うの? 38種類もあるけれど、どれを選んだら良いかわからない。などの様々な問題が解決!どなたでも、気軽にご参加ください。レスキューレメディと38種類の中で特に使いやすいレメディの説明、使い方などを学びます。

 

 

■出張講座
出張講座を承ります。

バッチフラワー1日入門講座を江別市など近郊で講座を開催させて頂きました。
オリジナル「1時間で一つのレメディをしっかり学ぶ講座」も好評でした。小さなお子さま、子育て中のご両親向けのレメディ講座、介護をなさっている方のためのレメディ講座などテーマを決めての講座も承ります。
また、バッチ国際教育プログラムレベル1 PTTコースも3名以上で開講することも可能です。
お気軽にお問い合わせください。

 

英国バッチセンター
http://www.bachcentre.com/

(社)バッチホリスティック研究会
http://www.bachflower.gr.jp/